【神社と神宮の違い】格式や位を解説


御朱印.com
本文へジャンプ
御朱印.comのトップページへ

御朱印
御朱印とは
読み方
料金
神社の御朱印の特徴といただく手順
お寺の御朱印の特徴といただく手順

御朱印帳
御朱印帳とは
値段とサイズ
保管方法

参拝の作法
神社の参拝の作法
お寺の参拝の作法

神社の格式
神社と神宮の違い
神宮と大社の違い
神社の格式
一の宮:北海道
一の宮:東北地方
一の宮:関東地方
一の宮:中部地方
一の宮:近畿地方
一の宮:中国地方
一の宮:四国地方
一の宮:九州地方・沖縄

神社のご利益
おすすめの集め方
恋愛のご利益
厄除けのご利益
健康のご利益
商売繁盛のご利益
金運上昇のご利益



>【神社と神宮の違い】格式や位を解説

神社と神宮の違いについて


神社と神宮の違いについて

 こちらのページでは、


1.社格の違い

2.社号の解説と例

 

などを中心に解説しています。


☆社格の違いについて

 

 神社の名称の最後につく「神社」や「大社」という称号を社号といいます。これには「神宮(じんぐう)」「大神宮」「宮(ぐう)」「大社(たいしゃ)」「神社」「社(しゃ)」の六種類があります。

 

 

 これらの社号は適当につけられているわけでなく、その神社の権威や歴史、祭神の性質などに基づいていることが多いです。

 

 たとえば「神宮」であるが、正式には「神宮」と呼べるのは伊勢神宮だけである。「伊勢神宮」は通称であって、正式名称が「神宮」なのです。

 

 では、他の神社が「神宮号」を僭称しているかといえば、決してそんなことはなく、神宮とは皇室とゆかりの深い由緒ある神社に許された社号をいうらしいです。

 

 

 ちなみに神社とは、最も一般的な神社の社号のことをいいます。

 

 

 

☆社号の解説と例について

 

神宮:皇室とゆかりの深い由緒ある神社であることを示す。

神宮の例:伊勢神宮、鹿島神宮、香取神宮

 

大神宮:現在は「東京大神宮」などに用いられる特別な社号。

大神宮の例:東京大神宮

 

:格式は高い。特別の由緒を認められた神社につけられる。

宮の例:香椎宮、筥崎宮、天満宮、東照宮

 

大社:地域振興の中核をなす大きな神社につけられた社号。

大社の例:出雲大社、春日大社、松尾大社、日吉大社、熊野大社、多賀大社、諏訪大社

 

神社:最も一般的な神社の社号。

 

:比較的規模の小さな神社の社号として用いられる。

 

 

「神社入門」より

 


御朱印.comの引用について 「引用の際のお願いについて」

☆当サイトを引用する際は、引用元を明記し、必ずリンクを張るようにしてください

【サイト名】御朱印.com
【URL】https://www.goshuinn.com/

「関連ページ」

【神宮と大社の違い】格付けやランクを解説
【神社の格式や位】格付けやランクを解説
【全国の一の宮の神社】北海道の一覧を紹介
【全国の一の宮の神社】東北地方の一覧を紹介
【全国の一の宮の神社】関東地方の一覧を紹介


御朱印.com | 料金や参拝の作法などを解説

御朱印.comのトップページへ




 サイトマップ  

Copyright©2018 御朱印.com All Rights Reserved.