【御朱印帳とは】何かと歴史を解説


御朱印.com
本文へジャンプ
御朱印.comのトップページへ

御朱印
御朱印とは
読み方
料金
神社の御朱印の特徴といただく手順
お寺の御朱印の特徴といただく手順

御朱印帳
御朱印帳とは
値段とサイズ
保管方法

参拝の作法
神社の参拝の作法
お寺の参拝の作法

神社の格式
神社と神宮の違い
神宮と大社の違い
神社の格式
一の宮:北海道
一の宮:東北地方
一の宮:関東地方
一の宮:中部地方
一の宮:近畿地方
一の宮:中国地方
一の宮:四国地方
一の宮:九州地方・沖縄

神社のご利益
おすすめの集め方
恋愛のご利益
厄除けのご利益
健康のご利益
商売繁盛のご利益
金運上昇のご利益



>【御朱印帳とは】何かと歴史を解説

御朱印帳とは何か


御朱印帳とは

 こちらのページでは、


1.意味

2.神社とお寺

3.歴史

4.使い方の注意点

 

などを中心に解説しています。


☆意味について

 

 御朱印帳は「納経帖」「集印帳」「御宝印帳」とも呼ばれ、御朱印を集印するための専用の帳面です。

 

 紙は朱肉や墨の吸収が良い和紙を使用しています。

 

 蛇腹状になっているものが多く、最初と最後には固い表紙がつけられています。

 

 

☆神社とお寺について

 

 神社とお寺で御朱印帳をわけるルールはありませんが、寺社によってはまれに神社とお寺が混在していたり、違う宗派が記帳されていると、断られることもあります。

 

 

☆歴史について

 

 御朱印は江戸時代、庶民に「西国三十三所」や「四国八十八箇所」などの巡礼が大流行したことからはじまりました。

 

 巡礼をすると、巡礼者はお経を書き写してお寺に納めます(納経)。その際、お寺がその証しとして朱印を授与するようになりました。

 

 今でも御朱印帳の表題が「納経書」と書いてあるお寺があるのは、その名残。やがて納経をしなくても、参拝の証しとして御朱印をいただけるようになりました。

 

 その後は神社でも授与されるようになり、今日に至っています。

 

 

☆使い方の注意点について

 

 有名な寺社ではたくさんの方が御朱印をいただく為に、社務所、寺務所に訪れます。

 

 一度に数冊の御朱印帳を預かってくださる場合もありますので、御朱印帳には必ず名前を書いておきましょう

 


御朱印.comの引用について 「引用の際のお願いについて」

☆当サイトを引用する際は、引用元を明記し、必ずリンクを張るようにしてください

【サイト名】御朱印.com
【URL】https://www.goshuinn.com/

「関連ページ」

【御朱印帳のサイズや値段】価格を解説
【御朱印帳の保管方法】おすすめとNGを解説


御朱印.com | 料金や参拝の作法などを解説

御朱印.comのトップページへ




 サイトマップ  

Copyright©2018 御朱印.com All Rights Reserved.